2012年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:09 Sep 13 2012

ハイアール、ニュージーランド家電大手の買収を計画

 三洋電機の東南アジア4カ国における白物家電事業の買収に続き、海爾(ハイアール)が再び海外に打って出た。ハイアールは12日、1株当たり1.2NZドルで、ニュージーランド家電最大手のフィッシャー&ケルに対して株式公開買付(TOB)を実施するとする公告を発表した。新京報が伝えた。

 今回の買収金額は、8億6900万NZドル(約556億円)に達すると見られる。ハイアールの株価は12日3.03%下落し、終値は10.87元となった。

 フィッシャー&ケルは1934年に設立された、高級冷蔵庫・洗濯機・食器洗い機、乾燥機・調理器具を主力とする、世界的な家電メーカーだ。報道によると、ハイアールの董事(理事、取締役)、白物家電事業総裁の梁海山氏は、「当社はフィッシャー&ケルの事業とブランドを引き続き発展させる」と表明した。

 フィッシャー&ケルの2012年度の売上高は、前年比7.5%減の10億3700万NZドル(約664億円)となった。家電業界に詳しい劉歩塵氏は、「ハイアールが国際化戦略をスタートしてから約20年がたつが、同社は二つの弱点を持つため、大きな成果が得られていない。同社は独自のコア技術を持たず、またレベルの低いブランドと見なされている。同社はフィッシャー&ケルを、洗濯機の高級ブランドに位置づけるだろう」と指摘した。

 奥維コンサルティングの白物家電研究総監の韓◆氏は、「TCLによる仏トムソン社の買収は失敗に終わったが、ハイアールの今回の買収が成功するかについては、今後の動向を見守る必要がある」と語った。(編集YF)

*◆は日かんむりに立

 「人民網日本語版」2012年9月13日


中国で相次ぐ日本車のリコール、人気SUVが対象に

サムスン、アップルに日本で一矢 4Gで巻き返しか

日系高級百貨店が中国に進出、前途を不安視する声も

ロシアの極東開発めぐる中日の駆け引きが激化か

経済低迷で離婚率上昇 住宅ローンが最大の元凶

日本の中古ブランド品店が香港に初出店

宝くじ25周年 生まれた雇用は40万人

米国債総発行額が16兆ドル突破、最大の保有者は?

中国企業500社番付 利益率低迷はなぜ?

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古