2012年9月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:22 Sep 14 2012

中国商務部、eコマース管理条例を起草

 中国商務部の姜増偉副部長は13日、中国国務院新聞弁公室の記者会見に出席し、「中国のeコマース発展において、価格戦争という目立った問題がある。中国商務部はeコマース管理条例の起草に取り組んでおり、法規によりeコマースの発展を促す」と発言した。京華時報が伝えた。

 姜副部長は、「価格戦争、一部のサイトによるマルチ商法、利益返上を謳う詐欺等の行為が目立つ。価格戦争という浮ついた心理に基づき、ビジネス活動を展開することはできない。eコマースを手がける企業や小売企業の経営者は反省するべきだ。ビジネスの信頼度や消費者の利益を巡る問題を中国商務部は重視し、法律により処理する。しかし現在、eコマースの関連法はまだ空白状態である」と語った。

 姜副部長はまた、「一部の大売り場等は小売商の支配的な立場を利用し、費用を不当に徴収している。これに対して中国商務部は、22の省・直轄市の売上高が20億元を上回る大型チェーン企業および大型ビジネス企業(計76社)による、費用の違法徴収に対して取り締まりを行っている」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月13日


中国で相次ぐ日本車のリコール、人気SUVが対象に

サムスン、アップルに日本で一矢 4Gで巻き返しか

日系高級百貨店が中国に進出、前途を不安視する声も

ロシアの極東開発めぐる中日の駆け引きが激化か

経済低迷で離婚率上昇 住宅ローンが最大の元凶

日本の中古ブランド品店が香港に初出店

宝くじ25周年 生まれた雇用は40万人

米国債総発行額が16兆ドル突破、最大の保有者は?

中国企業500社番付 利益率低迷はなぜ?


印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古