2012年9月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:31 Sep 18 2012

中国で日本車のシェアが低下、原因は「驕り」

 両国間の不穏な政治情勢を背景とし、日本車は衰退の道を歩んでいる。しかし近年、中国という活況を呈した新興市場において、日本が誇りとした自動車製品は、現在と比べても、さほど良い業績を記録したことはない。科技日報が伝えた。

 日本車の衰退は今に始まったことではない。近年、中国自動車市場における日本車のシェアは、低下を続けている。日本車の2010年のシェアは23.5%であったが、これが2011年には22.7%に下がり、今年上半期の時点で22.3%となった。ドイツ・米国・韓国の攻勢を受け、日本は野心と効率を失い、保守的で緩慢な経営、いわば「驕り」が見られるようになった。

 製品戦略の失策は、日本車が低迷した原因だ。日本車は既存製品の優位を失う一方で、新たな細分化市場で競争力をつけることもできなかった。軽自動車で好評を博した日本車は、その現状に甘んじ、前進することを止めてしまった。フォルクスワーゲンが最新技術を搭載した新車を中国で発売すると、日本車は得意とする小型・中型セダン市場で、ドイツ・韓国にシェアを奪われてしまった。

 新車の開発・発売のペースが最も分かりやすい一例だ。フォルクスワーゲン、シトロエン、および中国メーカーが相次いで新車を発売する一方で、日本車はアコード、カムリ、CR-Vといった古い主力ブランドに固執している。ドイツ車は新技術搭載の面で大胆な戦略を展開しているが、日本車は消費者の注目を引きつけていない。

 新エネルギー車、特にハイブリッド車の領域において、日本車は古い殻に閉じこもっている。特許技術に対する過度な保護、共有・共存に対する意識の低さにより、高いハイブリッド技術を持つトヨタ等の日本メーカーは、中国で機先を制することができなかった。既存の車種も市場から離れており、際立った強みを持たない。プリウスやカムリは価格が高く、高級ブランドであるはずのレクサスはローエンド・低価格路線を歩んでおり、中国の新エネルギー車発展の中でチャンスをみすみす逃している。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月18日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古