2012年9月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:13 Sep 18 2012

連邦準備制度理事会がQE3を実施、人民元の高騰招く

 米国の連邦準備制度理事会が先週、量的緩和第3弾(QE3)を実施すると、米ドル売りが強まり、その他の通貨が高騰した。今週初の営業日、人民元の対米ドルレートの中間レート(基準値)が4日連続で上昇し、この2カ月間で最高値となった。アナリストは、「QE3の影響を受け、人民元相場が短期的に上昇基調に転じる可能性がある」と指摘した。新京報が伝えた。

 ◆QE3実施の影響

 連邦準備制度理事会は先週QE3を実施し、現在のゼロ金利政策継続の時間軸を、「少なくとも2015年半ばまで」延長するとした。これを受け、投資家はその他の市場に投資を移している。米ドルの投資家の需要が大幅減となり、ドルインデックスが低下した。

 上述した情報が伝わると、米ドルの対円レートが7カ月ぶりの安値をつけ、対ユーロレートも4カ月ぶりの安値となった。昨晩7時の時点で、ドルインデックスは同日の約80から78.8に低下した。

 同時に、豪ドル、ユーロ、その他の新興国の通貨が高騰した。昨日の米ドル対人民元レートの中間レートは6.3295となり、人民元相場は過去数日の取引日の間に約0.26%上昇した。

 一部の国と地域の関連部門は本国通貨の高騰を受け、相次いで警告を発している。アナリストは、「連邦準備制度理事会がQE3を実施したことで、多くの資本がこれらの国家の市場に流れ込む可能性がある。これを受け本国の通貨価値が高騰し、その他の重要な輸出商品の競争力に影響が生じる恐れがある」と指摘した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古