2012年9月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:10 Sep 19 2012

輸入品の粉ミルクは、16ロットが不合格

 上海輸入食品の消費は急増する一方で、食品リスクも増える状況だと、『新聞晨報』が伝えた。統計によると、今年上半期に、上海港は検査検疫の仕事で不合格食品731ロットを検出し、全ての不合格食品は全部返却、あるいは焼却処分したという。

 そのうち、輸入粉ミルクは重点作業である。今年上半期、計16ロットの不合格商品が検出され、不合格の原因は違法な添加物の使用、栄養素の不合格、ラベルの不合格などだ。

 輸入食品は検査合格かつ衛生証明書を獲得してから中国で販売できる。ここ数年、国家は60数項目の乳製品関係基準を打ち出した。今年初頭、出入国検査検疫部門はさらに乳製品の検疫を強め、輸入品の検疫検査をすると同時に、初めての商品について中国語ラベルの記録を実施し、全ての輸入乳製品は登録してかつ実験室テストに合格した後、輸入できるという。

 「東方ネット日本語版」より 2012年9月19日


中国で相次ぐ日本車のリコール、人気SUVが対象に

サムスン、アップルに日本で一矢 4Gで巻き返しか

日系高級百貨店が中国に進出、前途を不安視する声も

ロシアの極東開発めぐる中日の駆け引きが激化か

経済低迷で離婚率上昇 住宅ローンが最大の元凶

日本の中古ブランド品店が香港に初出店

宝くじ25周年 生まれた雇用は40万人

米国債総発行額が16兆ドル突破、最大の保有者は?

中国企業500社番付 利益率低迷はなぜ?


印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古