2012年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:25 Sep 20 2012

日系企業の工場や店舗、相次いで営業再開

 中日関係緊迫化の影響で休業していた中国の日系企業は18日より相次いで工場や店舗の営業を再開した。うち、ソニーの2工場は19日に操業を再開し、キヤノンの3工場は本日操業を再開する。新京報が報じた。

 キヤノン(中国)の珠海、中山、蘇州にある3つの工場では17日から操業を臨時停止し、19日に操業再開する予定だったが、現地の状況を鑑み、再開を1日遅らせた。

 パナソニックの青島工場では火災が発生し、17日に操業を停止したが、操業再開のめどは立っていないという。

 1-2日間の休業を経て、北京のセブンイレブン、ユニクロ、イトーヨーカ堂などは19日の午前から昼にかけ、相次いで営業を再開した。

 セブンイレブンでは19日朝7時から通常営業を開始したが、一部店舗では顧客は少なめだった。

 北京のイトーヨーカ堂8店舗はいずれも19日の昼ごろに営業を開始した。責任者によると、本日より通常の営業時間に戻し、今のところ、店内で販売されている日系メーカー製品を撤去する予定もないという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年9月20日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古