2012年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:38 Sep 20 2012

UNCTAD、世界経済の成長率の低下を予想

 世界経済の回復の見通しが立っていない。国際連合貿易開発会議(UNCTAD)は報告書を発表し、世界経済の成長率は2012年も引き続き低下し、2011年の2.7%から2.3%に低下するだろうと予想した。これは先進国の実施する一連の金融引き締め策、および政策ツールによるものとされた。京華時報が伝えた。

 同報告書によると、先進国の今年の経済成長率は1.1%に低下するが、発展途上国と市場経済移行国(南東ヨーロッパと独立国家共同体)は依然として好調をキープし、それぞれ4.9%と4.3%の成長率を維持する見通しだ。ユーロ圏全体の経済成長率は−0.3%、英国は−0.6%となるが、米国は2.0%、日本は2.2%となり、2011年の水準を上回る。中国の2012年の経済成長率は7.9%、インドは6.0%となり、前年の水準を下回る見通しだ。

 先進国が実施した一連の金融引き締め策および政策ツールは、財政赤字の減少、雇用機会の創出、金融市場の自信回復等を実現できなかった。むしろ主要先進国市場の需要を抑制し、先進国の成長率を低下させると同時に、発展途上国の輸出を抑制した。

 一部の発展途上国は、国内の需要を高める一時的な政策を実施しているが、主要先進国の景気が好転しなければ、これらの政策だけでは不十分となる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古