2012年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:13 Sep 20 2012

釣魚島を巡る中日の対立、アジア経済の発展に影響

 米The Nation誌は9月18日、「中日の争い、アジア経済を損ねる可能性も」とする以下のような記事を掲載した。環球網が伝えた。

 タイで影響力を持つ商業・貿易機構の代表者である、日本貿易振興機構(JETRO)の井内摂男・バンコク事務所長、米国商会のマニックス・駐タイ主席は、中国と日本の釣魚島(尖閣諸島)を巡る争いに対して、懸念を表明した。

 井内氏は、「情勢がどれほど長引くかにより、影響の度合いが決まる。情勢の悪化により、すでにマイナス感情が生まれている。この対立による深刻な影響は望ましくない。両国は適切に問題を解決するべきだ」と語った。

 巨大な国内市場を有する中国は、日本企業から重要な生産拠点と認識されている。

 マニックス氏は、中日関係がアジア経済の発展に影響することを懸念している。欧州債務危機の悪化、米国の経済回復の先行き不透明の中、アジア経済は現在まで安定的な発展を維持してきた。

 マニックス氏は、「中国と日本の経済は、アジアで大きな影響力を持っている。両国の対立は、アジア経済の成長力を低下させるだろう。両国な短期間内に協議の場を設け、積極的な解決策を講じ、アジア経済の持続的な成長を保証するべきだ」と語った。マニックス氏は欧州債務危機の解決に疑問を呈しており、「最終的に米国やその他の国家に影響を与えるだろう。アジアは発展を促し、世界経済の安定を維持するべきだ」と主張した。

 世界第2位・第3位の経済大国の間で、数兆ドル規模の投資・販売・貿易の利益に影響が生じている。トヨタ、ホンダ、日産等の自動車メーカーは、中国の工場の操業を一時停止すると発表した。キヤノンとパナソニックもまた、中国での生産を一時停止した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古