2012年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:53 Sep 20 2012

中国、知的財産権の面で昨年数多くの成果を取得

 2011年、中国の有効発明特許件数のうち、国内の保有件数が35万1千件に達し、初めて外国の保有件数を上回った。「量」が増加する一方で、「質」も高まっている。なぜならこの数字は出願件数・登録件数ではなく、有効件数であり、知的財産権の市場価値を示しているからだ。

 国家知識産権局の田力普局長は「この数字からも、中国の知的財産権発展の最も顕著な変化が見て取れる。国内の保有が外国の保有を初めて上回ったということは、国内のイノベーションがますます活発化していることを意味し、この発展すう勢は今後も継続するだろう」と指摘した。人民日報海外版が報じた。

 ▽特許と商標が急増

 建設機械から通信、太陽光発電、自動車にいたるまで、様々な産業で発明が実際に応用されている。例えばこれまでに出願された高速鉄道に関する中国の特許は1900件あまりに上る。中国高速鉄道のスピードはわずか5年間で時速160キロから380キロに向上し、中国は技術を追いかける側からリードする側へと転換を果たした。

 また、中国は2011年、商標の累計出願件数、累計登録件数、有効登録件数で「3つの世界一」を果たし、「商標大国」としての地位を確立した。経済の発展と企業の「海外進出」に伴い、ハイアール、全聚徳、同仁堂など中国商標のブランド価値も世界的に高まっている。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古