2012年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:02 Sep 21 2012

日本が中国との金融提携を強調 中国経済に対する依存が浮き彫りに

 釣魚島(日本名:尖閣諸島)の問題を巡り、中日関係は日増しに緊迫化しているが、安住淳財務相は9月19日、「両国間の金融提携に引き続き取り組む」と表明した。『ウォール・ストリート・ジャーナル』は20日、「安住財務相の発言は、日本経済の成長が、高度成長中の中国経済に対して依存していることを浮き彫りにした」と伝えた。

 安住財務相は記者会見で、「日本が日中の提携を後退させる措置を取ることもなければ、両国の提携関係が終了することもない。長期的な角度から見ると、日本は日系企業が中国で安定的かつ余裕を持って生産・販売できるよう、現行の政策を維持するべきだ」と述べた。

 『ウォール・ストリート・ジャーナル』は、「安住財務相の発言は、日本と最大の貿易相手国である中国との間の、経済・金融関係の重要性を示している」と伝えた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古