2012年9月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Sep 24 2012

世界はふたたび「農業インフレ周期」に

【中日対訳】

 オランダの農業組織向け金融機関の統轄金融機関であるラボバンク・ネダーランドがこのほど発表した報告によると、農業製品の価格上昇により、世界は今ふたたび「農業インフレ周期」に突入しつつある。食品価格は2013年に再び過去最高を更新し、その勢いは同年第3四半期(7-9月)まで続く見込みだ。08年に主要な穀物が不足した時とは異なり、今年は飼料用農作物にも不足の影響が出て、動物性タンパク質製品や乳製品などを扱う産業に深刻な影響が出ることが予想されるという。「国際金融報」が伝えた。

 現在の価格上昇は大規模輸出国への天候の影響によるもので、とりわけ米国の干ばつやロシア、中南米の水不足が大きく影響した。穀物や油糧種子の価格上昇が、他の農業・食品供給チェーンに大きなダメージを与えている。特に動物性タンパク質製品を扱う産業へのダメージは大きく、これにより食肉価格が上昇の一途をたどっている。

 ラボバンクの農業大口商品市場研究部門グローバル責任者のルーク・チャンドラーさんによると、今回は最も貧困な層の消費者に与える影響は低下する。購買者が動物性タンパク質の消費を主要穀物の消費に、たとえば米や小麦の消費に切り替えることができるからだ。これらの商品は現在、08年のピーク時よりも30%値段が安い。だが価格上昇により、アジア、中東、北アフリカなどのエリアでの高タンパク質食品を消費する飲食習慣の形成という長期的な流れがせき止められる可能性があるという。

 ラボバンクの予測によると、国際連合食糧農業機関(FAO)の食品価格指数は13年6月までに15%上昇する。需要に基づく配給を行い、供給を奨励するために、農業製品の価格は高水準を維持する。よって今後少なくとも12カ月以内は、農業製品価格(特に穀物・油糧種子の価格)は高い水準を維持するという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年9月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古