2012年9月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:42 Sep 24 2012

市場活動ストップを余儀なくされる日系車メーカー

 ホンダ、日産、マツダをはじめとする日系の自動車メーカーは先週、取材に対して、目下の周知の通りの情況を踏まえて、市場での活動の一部をやめることとし、中国にある工場も先週は一時生産を停止したことを明らかにした。日系車ディーラーに対する影響も出始めている。「新京報」が伝えた。

 ▽日系車の販売台数目標はまだそのまま

 現在、中国で現地生産を行っている日本の自動車メーカーは、ホンダ、日産、トヨタ、マツダ、スズキ、三菱の6社だが、これらのメーカーはいずれも中国との合弁方式を採用している。ホンダやマツダなどは中国工場の「従業員の安全を守るため」、9月18日は生産を停止し、その後すぐに生産を再開した。

 日系自動車メーカーの多くが、現在の情況について多くを語りたがらない。あるメーカーの責任者は、「引き続き事態の進展を見守るが、現在の情況についてわれわれは沈黙するしかない」と述べた。

 また多くの日系自動車メーカーが取材に対し、今はまだ今年の販売台数目標を調整していないと述べた。東風日産の関連部門の責任者は、「現段階では直営店への対応指導が中心で、従来の計画の中の販売台数目標を引き下げるかどうかについては、親会社の決定を待たなくてはならない」と述べた。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古