2012年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:57 Sep 25 2012

中国、今後景気対策で穏健なスタンスを維持へ

 中国国務院(政府)発展研究センター金融研究所の巴曙松研究員は23日、今後の景気対策において、中国は2008年の「4兆元投資計画」のような大型景気対策を講じる可能性は低いとの見方を示した。今回の景気減速は緩やかなもので、経済成長の急激なペースダウンがなければ、雇用への影響も限定的なものであるからだという。24日付中国証券報が伝えた。

 「現在一部業界における生産能力過剰、地方政府などのレバレッジ率が高いことなどが原因で、今後の景気対策には大きな変化が見られないだろう」と巴曙松氏が述べた。第2四半期を上回る程度の景気対策が講じる可能性があるが、やや穏健な政策スタンスが維持されると見られる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」より 2012年9月25日


中国が風 邪を引けば世界がくしゃみをする

釣魚島問 題で政冷経冷に 中日韓FTAもストップ?

中日経済 戦争勃発か 中国の対日制裁4つの選択肢

中国のネ ットショップ店主、約7割が副業

QE3の中 国経済に対する影響は?

中国初の 大型旅客機C919、14年に初飛行を予定

中国で相 次ぐ日本車のリコール、人気SUVが対象に

経済低迷 で離婚率上昇 住宅ローンが最大の元凶

日系高級 百貨店が中国に進出、前途を不安視する声も

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古