2012年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:36 Oct 12 2012

中国の空母が間もなく就役、空母関連株が急騰

 中国の空母関連株が急騰している。24日現在、中原特鋼の株価は4.14%、中国衛星は3.73%、中国船舶は2%上昇した。中船股フン、中国重工、広船国際等の株価も堅調に推移した。人民網が伝えた。

 9月23日午後4時頃、中国初の空母「16号」(ワリャーグ)が大連で海軍に引き渡された。同空母と、その近くに停泊されていた「88号」艦には、満艦飾が施された。午後4時40分、「16号」の艦橋の旗竿には五星紅旗が、艦首には八一軍旗が、船尾には海軍旗が掲げられた。引渡し式は5時20分に終了した。

 これは中国海軍および中国の海洋の歴史にとって、戦略的意義を持つ節目の儀式だ。空母の就役と運用は、中国がこれから島嶼を巡る争いを解決し、海洋権益を保護する上で、重要な影響をもたらすことになる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月25日



中国が風 邪を引けば世界がくしゃみをする

釣魚島問 題で政冷経冷に 中日韓FTAもストップ?

中日経済 戦争勃発か 中国の対日制裁4つの選択肢

中国のネ ットショップ店主、約7割が副業

QE3の中 国経済に対する影響は?

中国初の 大型旅客機C919、14年に初飛行を予定

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古