2012年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:33 Sep 26 2012

釣魚島問題、人民元と円の直接取引に影響

 中日両国の釣魚島(日本名・尖閣諸島)を巡る争いが、新たな段階に突入した。国際金融報が伝えた。

 中国外交部は9月24日、河相周夫外務事務次官を24−25日に訪中させ、中国外交部の張志軍副部長と中日関係(特に釣魚島問題)について協議したいという日本側の求めに、中国が応じたことを認めた。中国側は釣魚島問題について厳正な立場を主張し、日本側に対して過ちを正し、中日関係の改善に向け努力するよう求める。

 専門家は24日、「中日間の摩擦による両国経済への影響は、実体経済に集中するが、金融分野への波及にも警戒が必要だ」と指摘した。

 復旦大学経済学院の孫立堅副院長は、「中日間の貿易摩擦を受け、人民元と円の直接取引の需要が大幅減となるだろう」と述べたが、「中日間の金融面の提携はまだスタート段階にあるため、中日の摩擦が両国の金融業に与える影響は非常に限られている」と分析した。

 ◆日本国債売却の可能性

 先週水曜日、投資家による円と日本国債の大規模な売却が生じ、円の対米ドルレートが低下し、1ドル=79円に迫った。アナリストは、「中国が日本国債を手放したことによる影響は否定できない」と語った。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古