2012年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:37 Sep 26 2012

中国経済、第4四半期は回復の見込み

 中国銀行国際金融研究所の主催により、2012年度第4四半期の中国経済・金融の趨勢を予測する会議が24日、北京で開かれた。会議に出席した専門家らは、「中国経済はすでに最低ラインに達しており、今後は回復するだろう。刺激政策などの影響で、第4四半期のGDP成長率は8.2%に達する見込みだ」と予測した。

 それによると、過去3ヵ月間、インフラ投資が増加し、消費もある程度回復しており、一部の指標はよい兆しを示しているという。そのため、今年のGDP成長率は平均して8%前後となり、7.5%の調整目標をやや上回ると見られている。

 また、今回の経済成長には、周期性や構造性などの要因も含まれていることが強調された。短期的に見れば、安定した成長の基軸は安定した投資にあるため、インフラ建設が安定した成長の鍵となる。そのため、より積極的な財政政策が求められるという。

 「中国国際放送局日本語版」より 2012年9月26日


中国が風 邪を引けば世界がくしゃみをする

釣魚島問 題で政冷経冷に 中日韓FTAもストップ?

中日経済 戦争勃発か 中国の対日制裁4つの選択肢

中国のネ ットショップ店主、約7割が副業

QE3の中 国経済に対する影響は?

中国初の 大型旅客機C919、14年に初飛行を予定

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古