2012年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:20 Sep 26 2012

日本経済は債務危機の瀬戸際にいる (3)

 中国と日本はアジアの二大国だ。中日経済がうまくいけば双方に利益があり、うまくいかなければ双方に不利益がある。だが日本政府の誤った行動が、両国の経済貿易関係を大きく損なうことは避けられない。中国は今や世界2位の経済体であり、中国の対外経済貿易に占める日本の割合は相対的に低いばかりか、さらに低下している。一方、日本の対外経済貿易に占める中国の割合は相対的に高く、さらに上昇している。日本経済は復興に向けた力が十分でなく、中国は日本に経済貿易の戦いの中でより大きな代償を支払わせることが十分に可能だ。

 中国が厳しい経済的反撃の措置を取れば、日本経済は再び低迷に陥り、税収も減少し、政府の債務状況の悪化はどうすることもできなくなり、債務危機が発生する可能性がある。日本国債は危機警戒ラインをすでに超えている。時期を見て日本国債を投げ売りすれば、日本の国際市場を恐慌に陥れることも可能だ。日本政府の愚かな行動を前にして、中国はすぐには攻撃しないとしても、経済戦線において日本に対して十分な抑止力を保つ必要がある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年9月26日


[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古