2012年9月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Sep 27 2012

中国製が世界中を席巻、その中には意外な商品も (2)

 絹織物業界が脅かされた場合は、世界各国が急速な反応を見せるだろう。イタリアとインドの絹織物の輸出量は、中国の輸出増を受け2010年に減少したが、両国の生産量は世界全体の10%以上に達しているからだ。

 中国は世界の帽子類輸出量の半数を占めているが、米国、イタリア、ドイツ、フランスを含む各国が、世界の帽子類輸出量の2−6%をそれぞれ占めているため、被る帽子がなくなることはないだろう。

 ベビー・キッズ用品も深刻な影響を被ることはない。米国が世界の玩具輸出量のうち8%を占めているからだ。またドイツがかつての輝きを取り戻す可能性もある。ドイツは19世紀から20世紀初頭にかけて、玩具生産の中心国であったが、現在は世界の輸出量の7%余りを占めるのみで、世界4位となっている。

 これらの分析は重要なものだろうか?重要ではないかもしれないが、これは人々が意識していないさまざまな業界において、中国の製造業に対する依存度がいかに高いかを示している。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月27日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古