2012年9月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:20 Sep 27 2012

人民元の国際化、クロスボーダー投資を推進

 今週月曜日に開かれた大会「第3回新シルクロード:中東における資金調達と投資」で発表された報告書によると、調査対象となった中国人投資家の約4分の3は、「中東・北アフリカにおける貿易・投資は、中国の今後の経済にとって非常に重要だ」と回答した。人民元の国際化は、クロスボーダー投資活動を促す原動力となっている。京華時報が伝えた。

 世界的な法律事務所「Latham & Watkins LL」が委託実施した調査によると、回答者は「今後数年間で、中国の中東・北アフリカにおける貿易・投資額が急増する」と回答し、最も多い投資活動は買収合併、公私レベルの提携、グリーンフィールド投資、共同出資、株投資の順となった。

 どのような中国人投資家が最大の利益を手にするかについて、回答者の意見は一致しなかった。回答者の50%は「戦略的な民間企業」と、40%は「国有企業」と回答した。

 60%弱の回答者は、「外貨準備高・決済通貨としての人民元の影響力が、安定的に高まる」と予想した。25%の回答者は、「中国とアラブ首長国連邦が締結した通貨スワップ協定は、中国の中東・北アフリカにおける貿易・投資活動を力強く支える」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古