2012年9月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:27 Sep 27 2012

中朝が経済特区を共同開発、人民元とウォンが流通

 中国と朝鮮は北京で26日、朝鮮羅先経済貿易区および黄金坪・威化島経済区の投資説明会を開いた。これは注目を集めてきた中朝経済区が、実質的な誘致段階に突入したことを意味する。同説明会によると、両経済特区では人民元・朝鮮ウォンが流通する予定だ。新京報が伝えた。

 200社余りの企業と商会が同説明会に参加した。大型国有企業の他に、多くの民間企業と外資系企業が集まった。

 ◆世界規模の経済特区を建設

 羅先経済貿易区および黄金坪・威化島経済区は、中朝が共同開発・共同管理を行う。中朝両国の最高指導者は2010年5月、本件について合意に達した。

 羅先経済貿易区は朝鮮の東北部に位置し、吉林省琿春市やロシアに隣接しており、工業原料の生産、設備工業、ハイテク産業等の6大産業を重点的に発展させる。黄金坪・威化島経済区は鴨緑江の下流に位置し、遼寧省の丹東市に隣接しており、情報産業、現代設備農業、観光文化産業、衣料品加工業等を重点的に発展させる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古