2012年9月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:28 Sep 28 2012

韓国銀行総裁、中韓通貨スワップの継続に期待

 韓国銀行(中央銀行)の金仲秀(キム・ジュンス)総裁は27日、中韓国交正常化20周年を記念して北京で開催された、金融提携の現状と課題に関するシンポジウムに出席した際、「中韓は昨年、通貨スワップの規模を大幅に拡大し、地域の金融安定化に向け重要な貢献を成し遂げた。両国の融合が今後さらに加速されることを鑑み、両国の通貨スワップを永久に継続させることを提案する」と発言した。証券日報が伝えた。

 両国は2009年4月に、1800億元(約2兆2500億円)規模の通貨スワップ協定を締結した。同協定は昨年10月に再締結され、期限が2014年まで延長され、融通枠が2600億元(約4兆5000億円)に拡大された。

 金総裁は、「中韓両国は貿易相手国の通貨を、積極的に貿易決済通貨とするべきだ。これにより地域の金融安定化を促し、貿易会社の為替リスクを軽減させ、米ドルに対する依存度を低下させることが可能だ」と語った。

 金総裁はまた、「金融危機の再発防止に向け、中韓両国は共同対応の体制を強化するべきだ。韓国と中国は、先進国の量的緩和政策により生じる負の影響に対して、共同で対応する必要がある」と主張し、「韓国は長期先物為替取引の資金管理を制限し、国内外の銀行が抱える外貨預金以外の負債に対して慎重かつ安定的な税収を実施しているが、中国もこれを参考にするべきだ」と提案した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古