2012年9月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:48 Sep 28 2012

輸入粉ミルク、中国市場でシェアを拡大

 収入増に伴い中国人の消費習慣に変化が生じる中、中国のミルク市場も今後さらに拡大する流れだ。同市場を力強く支える輸入粉ミルクは、「脇役」としての立場から、より多くの人々の視線を引き付けるようになり、市場シェアが拡大を続けている。中国食品土畜輸出入商会のデータによると、輸入粉ミルクの市場シェアは2008年の約30%から50%に上昇した。北京晨報が伝えた。

 中国市場に進出する輸入粉ミルクは、販売ルートの面で脆弱さが目立つ。輸入粉ミルクの伝統的な販売ルートは、外資系スーパーのメトロ等で、輸入粉ミルク市場において高いシェアを占めていた。これらの数十年間に渡り経営活動を行っている実店舗と比べ、ECサイトは輸入粉ミルクの取り扱いを開始してから日が浅い。比較的早かったECサイト「1号店」も、昨年ようやく取り扱いを開始したほどだ。

 しかし中国のインターネットの急発展と同じく、ECサイトの輸入粉ミルク販売も驚異的な発展を見せた。1号店の関係者は、「当社の同市場シェアは、年初の時点でメトロの実店舗と肩を並べ、これまでの独占的状態を打破した」と語った。

 食品業界の関係者は、「中国の輸入粉ミルク市場の全体的な規模は今後も拡大を続け、ECサイトの市場シェアも高まるだろう。輸入粉ミルクは品質・安全面で消費者に信頼されているが、商品によって生産基準が異なっており、中国取扱店の知名度も低い。消費者は豊富な管理経験を持つ有名ECサイトを選択するべきだ」と提案した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古