2012年9月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:11 Sep 28 2012

中国 特許出願件数が累計1千万件超える

 国家知識産権局保護協調司の武暁明副司長は27日、広東省清遠市で行われた中央企業知的財産権保護・イノベーション発展フォーラムに出席した際、中国の3種類の特許(発明、実用新案、意匠)の出願件数が累計1千万件を突破したことを明らかにした。新華網が報じた。

 武副司長は「1985年に特許制度が確立されて以来、中国はわずか28年未満でゼロから1千万件へと歴史的飛躍を遂げた。知識産権局のデータによると、1985年の時点で中国の3種類の特許の出願件数はわずか1万4千件だった。しかし2011年には年間出願件数が141万件あまりに達した」と語った。

 武副司長によると、特許権の保護は依然として知的財産権保護における弱点だという。最新のデータによると、国内特許権所有者のうち30%が権利侵害の被害に遭っており、権利保護措置を講じた人はそのうちわずか10%だった。今年1-7月、全国の知的財産権部門は特許をめぐる事件を2248件受け付けている(昨年同期比13%増)。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古