2012年9月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:11 Sep 28 2012

アジア10大豪邸 1位はインド富豪宅・中国7カ所

 米国のコンサルティング会社ワールド・エグゼクティブ・グループと同グループが発行する雑誌「ワールド・アントレプレナー」、および世界不動産研究院が共同で作成した2012年第3回目のランキング「アジア10大豪邸」が、このほど香港で発表された。トップは前回に続き、資産価値10億ドルとされるインドの富豪ムケシュ・アンバニ氏の27階建ての邸宅だった。中国の豪邸は7カ所がランク入りした。「京華時報」が伝えた。

 ランキング1位のアンバニ氏の邸宅は、インド経済の中心地ムンバイにあり、高さ173メートルの超高層建築だ。建築価格は10億ドルに達し、世界で最も高価な個人の邸宅となっている。2位は上海浜江凱旋門で、上海市陸家嘴の中心エリアにあり、黄浦江に近く、同市で最も高価な邸宅だ。平米単価は最高で26万4千元に上り、別荘タイプの価格は1軒あたり2億元前後になる。3位は広州琶洲壹号で、1軒あたりの面積は最大約1200平方メートルに上る。広々とした間取り、豪奢で格式の高いしつらえの豪邸だ。

 関連の会議に出席した同グループのロバート・マンデル代表(ノーベル経済学賞受賞者)の指摘によると、米連邦準備制度理事会(FRB)が今月13日に量的金融緩和政策の第3段をうち出し、期限を定めなかったことから、米ドルのインフラが起こる可能性が高まり、アジアで、特に中国で通貨政策緩和の動きが加速し、人民元が値下がりした。このため多くの富豪が資産価値の目減りを防ぐため、豪邸を含め不動産を相次ぎ購入・保有するようになった。

 同研究院がまとめた報告によると、世界金融危機が米国から欧州へ、欧州からアジアへと広がり、世界経済が「硬着陸」するリスクが高まっている。世界のぜいたく品のアジア市場での売り上げは37%減少という急激な落ち込みを示したが、豪邸の価格には大幅な低下はみられない。たが価格には浮き沈みがあり、インドネシアのジャカルタでは力強い伸びを示し、香港でも上向きだったが、シンガポール、上海、北京では目立って落ち込んだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年9月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古