2012年10月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Oct 08 2012

中国のデザイン、世界を席巻する日に期待

 米誌「ウォール・ストリート・ジャーナル」は9月28日、「メイド・イン・チャイナ 北京国際デザインウィークで人気を集める」とする記事を掲載した。「中国製」は低価格・大量生産・低品質をイメージさせるが、同イベントでは異なっていた。中国のデザイナーおよび海外の有名デザイナーは、世界のデザイン愛好家を対象に開催された同イベントから啓発された。環球網が伝えた。

 9月27日に開幕した同イベントは、バラエティ豊かな内容を持ち、アジア・欧州・米国等から参加者が集まった。有名デザイナーも参加したが、同イベントの主な目的は現地人材のPRだ。同イベントの関係者、米国の華僑の陳伯康氏は、「創造力の豊かな人材に対して、より良い環境を提供することが目的だ。中国は聡明で勤勉なオリジナリティあふれる人材が多いが、成長の場を与えられていない」と語った。

 北京全市で関連イベントが開催されたが、そのうちの多くは紫禁城付近の有名な大柵欄胡同で開催された。中でもブラジルの有名デザイナーが手がけた楼閣が注目を集めた。各種の参加型イベント(ロンドン交通のデザイン等)も催され、子供たちによるLEGOを使った理想の都市デザインコンテストも行われた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古