2012年10月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:23 Oct 09 2012

中国資本企業の海外投資失敗はメカニズムに原因?

 ある会社の行った投資が失敗した場合、原因に偶然の要因があったことが考えられる。だが複数の企業が行った一連の海外投資がことごとく失敗したとすれば、原因にメカニズム上の問題があった可能性が濃厚だ。「新京報」が伝えた。

 香港で上場する大陸部の企業・中信泰冨有限公司がこのほど発表した公告によると、同公司は香港聯合交易所有限公司に25億ドルの中期手形の発行を申請しており、調達した資金はオーストラリア西部での磁鉄鉱(マグネタイト)プロジェクトに充てるという。

 この磁鉄鉱プロジェクトは2006年3月にスタートし、同公司はオーストラリア西部の磁鉄鉱資源10億トンの採掘権をもつ企業2社を買収した。初めの計画では投資額は42億ドルだった。09年上半期に生産に向けた取り組みが始まったが、いまだに磁鉄鉱の生産には至っていない。今年6月末時点でプロジェクト支出は78億ドルに上り、当初計画の42億ドルに比べて89%の支出超過となっている。

 こうした事実が証明するのは、同公司が6年前に投資を始めたこのプロジェクトは、底なし沼のようにコストがかかり、追加投入する資金を次々に飲み込むものだということだ。同公司董事局の常振明主席は突発的な事態が生じなければ年内に生産が可能としているが、この目標を実現するには中期手形を発行して欠損を穴埋めし続けることが必要になる。年内の生産が実現しても、これまでに投入した巨額のコストを回収できるのがいつになるかは未知数だ。

 鉄鉱石資源は海外市場に操作されているため、中国の鉄鋼産業は苦しい立場に立たされている。同公司がこのプロジェクトへの投資を通じて受け身の局面を変えられれば、非常に意義があることは間違いない。だが同公司がこの投資をめぐり、市場について先を見通した評価を行っておらず、投資リスクについて慎重な態度を取っていなかったことは明らかだ。08年以来、グローバル経済が低迷し、鉄鋼産業が縮小する中て、鉄鉱石に対する需要も減少しており、一時1トンあたり200ドルの高値をつけた鉄鉱石価格は現在は同130ドルまで落ち込んでいる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古