2012年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:16 Oct 12 2012

IMF、景気好転で断固たる行動を加盟国に要求

 IMF・国際通貨基金のラガルド専務理事は11日に開かれた国際通貨基金・世界銀行年次総会の記者会見で、「欧州債務危機に立ち向かい、世界経済の不況に対応するため、各国首脳は断固たる行動をとるべきだ」と述べた。

 ラガルド専務理事は「上半期の報告と比較すると、9日に発表されたIMFの『世界経済見通し』は今年と来年の世界成長率見通しを下方修正している。特に経済成長の鈍化が先進国から発展途上国へと蔓延しており、中国やロシア、ブラジルなど新興国もある程度の影響を受けている」と説明した。

 ラガルド専務理事はまた「欧州の債務危機が長引くことやアメリカが直面する可能性のある財政面の課題『財政の崖(フィスカル・クリフ)』などが経済の不確実性を増し、これは投資者や企業のリスク回避の心理を強めるだろう」と指摘した。

 「中国国際放送局日本語版」より 2012年10月12日


日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

中日金融提携、氷河期に突入

欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

米国「推定有罪」の醜態 華為・中興は脅威ではない

釣魚島を巡る対立、世界経済に影響を与える

中国製造業の海外移転、専門家は時期尚早と指摘

中国の給与レベル あと何年で欧米並みに?

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古