2012年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:14 Oct 12 2012

航空各社、中国-日本便の運航に影響

 日本メディアは10日、中国南方航空および中国東方航空が日本側に対し、日本便計2便を運休するとの通知を出したと報じた。しかし両航空会社は11日、同報道の内容を否定している。中国南方航空は、現在は便編成見直しの時期に当たり、運休に関する確かな情報は発表していないと表明した。中国東方航空は、運休中の便は、昨年3月の東日本大震災から再開されていないと表明した。新京報が伝えた。

 日本メディアは、中国南方航空の富山-北京便が28日より運休しており、中国東方航空の福島-上海便も運休を予定していると伝えた。中国南方航空側は原因を説明していないということだが、日本側はこのほどの中日関係の緊迫化がその原因とし、「日本政府は、観光やビジネスに影響が波及しないよう取り組むべきだ」と報じた。

 福島県は、中国東方航空の福島-上海便が運休する見通しだと発表した。同便は東日本大震災と福島第一原発事故より、現在まで運休が続いている。福島県側は、復興からまだ日が浅く、同便の需要の増加が見込めないことが、中国東方航空の同決定の理由だと称した。中国東方航空が福島空港と郡山市に設立した支店も、10月末に閉店となる見通しだ。

 この件について中国南方航空は11日、「現在は編成見直しの時期に当たり、その結果はまだ発表されていない」と表明した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古