2012年10月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:24 Oct 15 2012

米下院の華為に対する「冷酷な仕打ち」はなぜ?

 中国の電気通信設備メーカーである華為技術有限公司と中興通訊株式有限公司は「米国の安全保障上の脅威である」とした米国下院の調査報告が話題を集めている。米下院はなぜ華為と中興に対し、このような「冷酷な仕打ち」をしたのだろう?経済参考報が報じた。

 第一の理由として、世界一の大国である米国の、台頭しつつある二番手に対する恐怖心がある。米国は金融危機により、世界一としての立場が不安定になり、自国が経済戦争の中で大損をしたと感じている。その立場を脅かす最大のライバルは中国だ。

 中国は世界製造業の中心へと発展した。労働コストの低さにより、米国の製造業の多くは中国でアウトソーシングを行い、米国の失業率は高位をキープしている。さらに、中国が米国の国債を大量に保有していることも米国にとっては面白くない。米国製造業のアウトソーシングは企業の行為であり、米国の政治家たちはどうすることもできない。そこで中国がターゲットとなった。現在、米国は大統領選を控えた時期であり、共和・民主の両党が競って中国を攻撃の対象としている。国会はまさに「舌戦」を繰り広げるのに最適の場所であり、罪名を列挙して中国の企業に怒りをぶちまけても、リスクはほとんど無い。

 第二に、米国は他国も自国と同じことをしているのではないかと恐れている。米国はかつて、進んだ技術を用いて多くの「人には言えない行為」をしてきた。自国のものさしで他国を推し量り、中国企業も同じことをしていると考えているのだ。以下に2つの例がある。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古