2012年10月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:45 Oct 17 2012

春秋航空、日本線で0元格安キャンペーンを実施

 中国格安航空会社・春秋航空は国際線を開通した当初から、日本市場を中心に事業展開すると発表していたが、このほど日本線の人気低下を受け「0元格安チケット」を緊急発表した。京華時報が伝えた。

 春秋航空の公式サイトには、「上海-佐賀」、「上海-高松」の格安往復航空券に関する情報が掲載されている(90元の空港建設費、470元の燃油サーチャージを除く。キャンセルは不可)。各便とも50席の格安チケットが販売され、同キャンペーンは今後2カ月間に渡り実施される。上海-佐賀便の通常価格は900元(約1万1250円)、上海-高松便の通常価格は1100元(約1万3750円)。

 春秋航空の広報担当者の張武安氏は、「格安チケットの販売について当社は日本の現地政府に連絡し、日本で記者会見を開いた。中国では宣伝を行っていない」と語った。格安チケットの販売の背景には、釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題による影響がある。春秋航空の日本線の搭乗率が著しく低下しており、減便や運休に追い込まれている。情報によると、春秋航空は現在、茨城・高松・佐賀を目的地とする日本線を運航している。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古