2012年10月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:19 Oct 17 2012

国務院 8省区市の海洋機能エリア計画を承認

 国務院はこのほど、広西チワン族自治区、山東省、福建省、浙江省、江蘇省、遼寧省、河北省、天津市の8省・自治区・直轄市の海洋開発・管理の総合的計画である「2011-20年海洋機能エリア計画」を承認した。中国政府網が16日明らかにした。

 同計画を実施する中で、各省区市は20年をめどに以下の目標の達成を目指すという。

 ▽広西チワン族自治区

 建設用埋立地の規模を1万6100ヘクタール以内に抑える。海水養殖機能エリアの面積を20万ヘクタール以上とする。海洋保護エリアの面積を管轄海域の面積の11%以上とする。保留エリアの面積がこのエリアの計画面積に占める割合を10%以上とする。大陸の自然の海岸線の保存率を35%以上とする。整備・修復された海岸線の長さを360キロメートル以上とする。陸上からの汚水の排出口、海上の石油プラットフォーム、海上の人工設備の90%以上で目標を達成する。

 ▽山東省

 建設用埋立地の規模を3万4500ヘクタール以内に抑える。海水養殖機能エリアの面積を55万ヘクタール以上とする。海洋保護エリアの面積を管轄海域の面積の11%以上とする。保留エリアの面積がこのエリアの計画面積に占める割合を10%以上とする。大陸の自然の海岸線の保存率を40%以上とする。整備・修復された海岸線の長さを240キロメートル以上とする。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古