2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:57 Oct 22 2012

釣魚島問題、苦境に立たされた日本企業

 中国自動車工業協会が10月10日に発表したデータによると、9月の自動車生産・販売台数は落ち込み、8カ月連続で上昇していた増加率が初めて低下した。中国経済周刊が伝えた。

 日本車の販売台数の激減が、自動車市場の全体的な低迷の主因となった。統計データによると、9月の日本車(乗用車)の販売台数は29.5%減少し、前年同月比で40.8%減となった。

 ◆生産停止、閉店、駐在員の撤退、販売減

 日本政府が9月10日に釣魚島(日本名・尖閣諸島)の国有化を決定すると、中国で経営活動を行う日本企業は、中国市場に進出してから最も特別な1カ月を経験することとなった。

 ◆自動車企業 計り知れない損失額

 日本自動車3大メーカーのトヨタ、日産、ホンダは10月9日、9月の中国市場の自動車販売台数を発表した。トヨタの販売台数は前年同月比で48.9%減の4万4100台に、日産は35.3%減の7万6066台に、ホンダは40.5%減の3万3931台となった。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古