2012年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:22 Oct 18 2012

莫言氏 賞金の使い道発言で不動産価格高騰が浮き彫り

 米華字紙「僑報」は10月15日、「莫言氏もマンション購入に一苦労」とする記事を掲載した。環球網が伝えた。

 不動産価格の重圧により、人々は生命の意義や生活の価値を見出す余裕を失っている。中国の不動産価格問題はノーベル文学賞とは全く関係ないように思えるが、莫言氏の発言内容が中国大陸部で議論を呼んでいる。2012年ノーベル文学賞の受賞者である莫氏は、800万スウェーデンクローナ(約9350万円)の賞金の使い道について、「北京で大きなマンションを買うつもりだったが、高すぎて大きなマンションは無理だと言われた。1平方メートル当たり5万元以上だとすると、750万元相当の賞金では120平方メートルのマンションしか購入できない」と冗談交じりに語った。

 750万元で住宅購入など、中国人の圧倒的多数にとって天文学的な数字であり、一族の財産を使い果たさなければ実現不可能な夢かもしれない。ノーベル文学賞の受賞者ですら「賞金でマンションを一軒購入できるだけ」という現実は、不動産価格が残酷と言えるまで高騰していることを物語っている。多くのネットユーザーは、「マジック・リアリズムを特長とする莫氏だが、マンションを購入する際には現実に戻らなければならない」と溜息を漏らした。

 実際問題、莫氏が北京でマンションを購入するとなると、さまざまな関門を越えなければならない。不動産業界の重鎮の潘石屹氏は、「莫氏は北京の戸籍を持っているのか?」と疑問を呈した。戸籍による制限の他に、暫住証(臨時の戸籍)が無ければ購入は不可能だ。また北京で5年連続で社会保障費を納めていない場合、もしくは納税証明書がない場合も購入できない。上述したさまざまな不動産購入制限策は、不動産価格の高騰を受けて実施されている。莫氏はマンション購入で悩む余地があるが、一般人の心情はより複雑だろう。多くの高級腕時計を保有する「表叔」、多くの不動産を保有する「房叔」が相次いで出現する中、莫氏の悩みはいっそう皮肉じみており、人々を意気消沈させる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古