2012年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:39 Oct 18 2012

中国の平均収入 30年には50%増加の見込み

 スタンダードチャータード銀行がこのほど発表した「研究部特別報告」によると、中国、インド、インドネシア、ブラジルなどの新興経済体は、新たな周期の経済改革の推進に力を入れることにより、2030年には一人当たり平均収入が現在より40%から50%増加することが予想されるという。「京華時報」が伝えた。

 同報告によると、経済改革は投資家と金融市場にとって主なプラスの推進力であり、経済発展の奨励、金利の引き下げ、新たな投資家の誘致によってリターンを増やし、変動を少なくすることを目指している。投資家へのリターンのために国が改革を推進しているのは明らかで、通常は改革を実施する前には改革に対する期待があり、改革はこの期待に応えたものといえる。同銀行の李籟思チーフエコノミスト(グローバル研究部主管を兼任)によると、状況がマイナスの時や個人、企業、経済体が苦況に対処できない時に改革を強制的に行うことが多く、現在のユーロ圏などはそうだ。だが実際には、改革を継続的に推進するのに最もよいタイミングは、経済体が発展を遂げた時、あるいは状況が非常に順調な時なのだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年10月18日


日本経済は今後も没落を続けるのか?

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

中日金融提携、氷河期に突入

欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古