2012年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:38 Oct 18 2012

中国が米国国債を売却、1年間で1249億ドル減

 米財務省が16日夜に発表したデータによると、8月末時点での中国の米国国債保有高は1兆1536億円となり、7月(修正後)の1兆1493億ドルを上回った。中国は引き続き、米国国債の最大の保有国となった。中国は8月に米国国債を43億ドル購入し、2カ月連続の買い増しとなった。京華時報が伝えた。

 今年上半期、中国の米国国債保有高には減少傾向が見られた。公表されたデータによると、中国は今年上半期に米国国債保有高を計192億ドル減らした。中国は1-6月、米国国債を1月に143億ドル、4月に204億ドル買い増ししたが、その他の4カ月はいずれも減額した。その後7月と8月に2カ月連続で米国国債を追加したが、全体的に見て中国の米国国債保有高は減少傾向にあり、1年前の1兆2785億ドルから1249億ドル減少している。

 対照的に、世界第2位の米国国債保有国の日本は、過去1年間に渡り中国を上回るペースで米国国債を購入した。日本の米国国債保有高もまた、中国に迫っている。日本の昨年8月末時点での米国国債保有高は9070億ドルであったが、今年8月末時点では1兆1215億ドルとなった。つまり1年間で2145億ドル追加した計算になる。日本の米国国債保有高は現在、中国をわずか321億ドル下回るのみとなっている。米財務省が月曜日に発表したデータによると、中国は今年6月に米国国債を57億元追加し、3カ月連続の買い増しとなった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古