2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:34 Oct 22 2012

気候変動、中国経済が受ける影響が最も深刻

 香港紙「文匯報」がまとめた海外メディアの情報によると、人道主義機関DARAはこのほどアジア協会(ニューヨーク)で報告書「気候脆弱性モニタリング」を発表し、世界温暖化が気候変動を引き起こしており、世界各国の経済が影響を受けるとした。このうち中国が受ける影響が最も深刻で、20年内の経済的損失が1兆2000億ドル(約94兆8000億円)を上回る可能性があるとされた。

 同報告書は、「気候変動の世界のGDPに対する損失額は倍増しており、毎年の損失額は約1兆2000億ドルに達している。世界の急激な温暖化および炭素汚染による損失は、2030年までに対GDP比で現在の1.6%から3.2%に上昇し、人類もまた、かつてない損失を被るだろう。各国が気候変化の根本的な問題の解決に取り組めば、世界全体に経済的な利益をもたらす。貧困国が直面する経済の影響が最も深刻だが、先進国も損失は免れない」と指摘した。

 「気候変動に脆弱性を持つ諸国会議」の主席、バングラデシュのハシナ首相は、「気候変動のバングラデシュに対する影響は深刻で、気温が1度上昇すると、農業では10%の生産性損失につながる。これは穀類にすると約400万トン、金額にして25億ドルの損失を意味する。これによる不動産業界やその他の損失を加味すると、気候変動による経済的損失はGDPの3−4%になる。また海面が1メートル上昇するごとに、バングラデシュの低地の5分の1が水没し、3000万人が行き場を失う」と語った。

 気候変動により最も深刻な影響を受ける世界20カ国により構成される同会議の委託を受け、DARAは上述した報告書を完成させた。同報告書によると、炭素排出量が著しい経済国、それに伴い発生する気候変動により、世界で毎年約500万人が死亡する。このうち90%が大気汚染によるものとされる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年10月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古