2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:23 Oct 22 2012

ソフトバンク、米スプリント買収へ 「世界一の夢」に向け

 ソフトバンクは15日、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルを買収することで合意したと発表した。投資総額201億ドルのうち、80億ドル分はスプリントが発行する新株を引き受け、残り121億ドル分は市場から買い取る。これにより、ソフトバンクはスプリント株の70%を取得して経営権を握り、携帯電話契約数が計9000万件を超える世界有数規模の通信グループとなる。中国紙、経済参考報が伝えた。

 ソフトバンクの日本での市場シェアは、首位のNTTドコモ、2位のKDD(au)に続く3位。アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の専売契約やソフトバンク携帯同士の通信無料サービスなどにより、新規契約者数では1位を維持しているが、国内市場に大きな伸びは見込めない。スプリントの買収を機に、海外での携帯電話事業を本格展開したい考えだ。

 一方、スプリントがソフトバンクに買収されたのは、やむを得ない状況による。スプリント社の国内携帯電話契約数は5599万件。1位のベライゾン・ワイヤレスは1億1237万件、2位のAT&Tは1億52万件と、トップ2社に大きく水を開けられている。その上、5年連続マイナス収支で、欠損額は400億米ドルに達する。経営は苦境に立たされ、資金繰りも厳しく、高速無線通信サービスLTEへの投資も遅滞気味だった。孤軍奮闘するものの、経営状況はますます下降傾向にあった。ソフトバンクによる買収後、両社合わせた携帯契約数は9600万件となり、米国でのトップ2社にせまり、みつどもえとなる。また、年商は6兆3000億円に上り、世界3位となる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古