2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Oct 22 2012

日本が脱レアアース化、関連技術の開発を推進 (2)

 TDKはレアアースを使用しないフェライト磁石を開発した。新たなフェライト磁石は自動車の電動シート、パワーウィンドウ、電動ミラー等の中小型モーター、およびエアコンや洗濯機等の白物家電に使用が可能だ。

 レアアースの使用を減らす一方で、日本はレアアース回収技術の研究にも取り組んでいる。パナソニックは兵庫県の工場で、今年2月より新たな設備を導入した。同設備は廃棄された家電からネオジム磁石を回収することが可能だ。これらの磁石は、エアコンのコンプレッサや洗濯機のモーターに用いられる。

 三菱マテリアルは2015年より、ハイブリッドカーからレアアース磁石を回収する事業を開始する。同社はHondaグループと提携し、廃棄されたハイブリッドカーから磁石を回収するシステムを構築する。

 日本企業の技術革新は経済産業省から力強い支援を受けており、レアアースを使用しない部品技術、廃棄家電からレアアースを回収する技術は、研究開発経費を支給される。経済産業省は支援策により、中国産レアアースのジスプロシウムに対する依存度を、2年後に半減させることを目標としている。同計画は前年度の第3次補正予算に盛り込まれた。今年2月には初となる支援策が実施され、今後さらに支援範囲が拡大され、「脱レアアース化」、「レアアース節約」の動きを加速すると見られる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年10月22日


日本経済は今後も没落を続けるのか?

釣魚島問題、苦境に立たされた日本企業

中国での日本車販売不振、中国市場の軽視も理由

日本製部品使用企業の7割「新サプライヤー探す」

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

中日金融提携、氷河期に突入

欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古