2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:08 Oct 22 2012

ワールドカップ・五輪特需、ブラジルが中国製品に期待 (2)

 市場が高い潜在力を持つ一方で、多くの問題も存在する。孫氏は言葉が最大の壁と指摘し、「ブラジルの公用語はポルトガル語で、現地で英語を理解する人が少ない。またポルトガル語を理解する人材が、中国で著しく不足している」と指摘した。

 また中国とブラジルの異なる貿易習慣も、二国間の貿易に「不調和」をもたらしている。孫氏は、「ブラジル人はのんびりしており、中国人はせっかちだ。そのため協議が成功裏に終わっても、帰国後にブラジル側からなかなか返事が得られず、中国企業が我慢の限界に達し、提携に終止符が打たれることが多い。ブラジルと提携する場合、中国企業は粘り強くなる必要がある」と提案した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年10月22日


日本経済は今後も没落を続けるのか?

釣魚島問題、苦境に立たされた日本企業

中国での日本車販売不振、中国市場の軽視も理由

日本製部品使用企業の7割「新サプライヤー探す」

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

中日金融提携、氷河期に突入

欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古