2012年10月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:20 Oct 23 2012

日本の中小企業、優遇税制で活力を得る

 日本はこれまで、中小企業の育成・助成・支援を重視してきた。日本の中小企業(零細企業を含める)は約419万社に達し、日本企業全体の99.7%を占める。経済参考報が伝えた。

 日本は、「中小企業基本法」、「中小企業支援法」、「中小企業金融円滑化法」、「中小企業信用保険法」、「中小企業金融公庫法」、「中小企業経営力強化支援法」等、数々の特別法を制定している。行政組織面でも、経済産業省が中小企業庁を設立しており、各地の経済産業局の多くが中小企業課を設立している。

 税制は、日本の中小企業助成の最も重要な政策ツールだ。しかし中小企業に対する優遇税制の適用について、中小企業の定義は資本金1億円以内と簡略化されており、業種や従業員数を問わない。

 大企業と比べ、中小企業に適用されている主な減税制度は、法人税率の優遇だ。法人税は企業税もしくは企業所得税とも呼ばれる。日本において、法人税は個人所得税に次ぐ第2の税目だ。異なる政策目的により、日本の中小企業に対する各種優遇税制は、下記の4種に分かれる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古