2012年10月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Oct 23 2012

中国人社員の離職率、世界的にも高水準に

 転職の最盛期である9−10月、上海GMの子会社でSQP(Supplier Qualification Program)を手がける万さんは各社に履歴書を郵送し、転職により高待遇を求めている。中国経済週刊が伝えた。

 万さんと同じ考えを持つ人は多い。調査によると、今年の雇用問題には「構造的インフレ」という特徴が見られた。数百万人の大学卒業生が安心して働ける企業を求め奔走する一方で、中・高級人材がより良い待遇を求め頻繁に転職しているのだ。

 ◆外資系企業、人材獲得に乗り出す

 人材コンサルティング会社HRootの調査結果によると、中国人社員の平均離職率は15.9%に達し、世界的に見ても高い水準だという。中国企業は現在、いかに有能な人材を引きつけ、これらの人材を引き留め、仕事に対するプロ意識を高めるかという課題に直面している。

 HRootの大中華区CCO兼グローバル研究センター総監の厖錦峰氏は、「大学の企業説明会で、深刻な問題が見つかった。グローバル企業は中・高級人材を必要としているが、国有企業民間企業の将来的な発展にもこれらの人材が必要だ。外資系企業の中・高級人材を巡る競争が熾烈化しており、給与および待遇の水準が上がり続けている。そのため外資系企業の間からは、中国の人材市場でインフレが生じているのでは、と疑問視する声まで聞かれる」と指摘した。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古