2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:58 Oct 24 2012

日本の所得倍増計画、中国の参考に

 【関連記事】 所得分配制度改革、公平性と効率を重視

 アナリストは、「1960-70年代の日本国民の所得倍増計画は、中国の所得分配改革の参考になる」と指摘した。中国の現在の都市化率は、日本の1960年の65%を下回る。中国は都市化率を高めることで、都市・農村部の収入格差を縮小できる。中国証券報が伝えた。

 ◆日本の経験、所得増加と社会発展を促す

 戦後の日本政府は、傾斜生産方式および重点産業部門に対する価格支持等により、経済復興に成功した。朝鮮戦争による空前の特需景気により、1946-1955年の10年間で、日本の国民総生産(GNP)の年間平均成長率は9.2%に達した。

 1955年の第2次鳩山一郎内閣は、「経済自立五カ年計画」(1956-1960年)を立てた。これは経済復興から高度成長へ移転する、過渡期の経済計画とされた。その後、岸信介内閣、池田内閣、佐藤内閣が制定した「新長期経済計画」(1957年)、「国民所得倍増計画」(1960年)、「中期経済計画」(1965年)は、いずれも高度成長を目標とした。特に「国民所得倍増計画」は、10年内に国民所得を倍増させるという明確な目標を掲げ、豊かな生活を実現するため努力しようとする国民の意欲を刺激した。

 日本政府はその後、経済成長と社会の発展を共に重視する計画を発表し、経済成長と社会の発展は切り離すことのできない関係だと強調した。これは人口の疎過密、福利厚生や公害等、両者間の不均衡による問題の解決を目指したものだ。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古