2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:42 Nov 05 2012

S&P「3-5年で中国銀行業界は二極分化する」

 世界三大格付け機関の一つとされる米国のスタンダード&プアーズ(S&P)は24日に北京で記者会見を行い、中国の銀行の資産規模ランキング上位50行についての研究成果を発表した。それによると、中国銀行業界の経営環境は厳しくなっており、今後3-5年で国内行は信用をめぐる壁に突き当たるという。銀行産業は二極分化していき、小規模行が寄り集まって「暖を取る」事態も予想されるという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 S&Pの金融機関格付けディレクターの寥強氏によると、資産規模で上位50位に入る銀行を分析すると、過去5年間で大手行の市場シェアが徐々に減少し、小規模行や外資系銀行のシェアが増加していることがわかる。小規模行や外資系銀行の営業能力や資産の質などの指標をみるとそれほど大きな違いはないが、リスクについてはなお大きな違いがあるという。

 寥氏は次のように指摘する。こうした違いは主として、同じようなリターンを生み出しながら、資産の組み合わせの質が大幅に異なることに現れている。一連の小規模行は大手行と同じようなリターンを獲得しているが、このリターンは貸付の非常に急速な増加を土台としており、貸付先はリスクの高い産業に集中している。不動産業や建築産業などだ。

 寥氏の見方によると、小規模行や外資系銀行は今後、はっきりと二極分化し、国内の銀行産業の現在の運営状況を背景として、これからはますます多くの小規模行が身を寄せ合って暖を取るようになったり、大手行と提携したりするようになる。すでにこうした状況がみられており、小規模行間の業務協力連盟などの形で現れている。とはいえ、まだ合併買収(M&A)の段階には至っていないという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年10月25日


日本経済は今後も没落を続けるのか?

釣魚島問題、苦境に立たされた日本企業

中国での日本車販売不振、中国市場の軽視も理由

日本製部品使用企業の7割「新サプライヤー探す」

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

中日金融提携、氷河期に突入

欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古