2012年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:12 Oct 26 2012

韓国即席めんの農心、発がん性物質が検出

 韓国メディアの25日に報道によると、即席めん「辛ラーメン」を生産する韓国農心グループの即席めん(6種類)の調味料から、1級発ガン性物質のベンゾピレンが検出された。農心グループは25日、「韓国食品医薬品安全庁が当社商品から検出したベンゾピレンは含有量が少なく、健康を損ねることはない」と表明した。新京報が伝えた。

 上海農心食品は、「本件は昨年6月に発生し、当社は当時すでに原材料のサプライヤーを変更した」とコメントした。また、このほど報じられた数種類の商品は、第三者検査機関の検査に送られ、結果の発表を待っているという。

 ◆調味料に発ガン性物質が

 韓国メディアは25日、農心グループの6種類の即席めんの調味料に、世界保健機関(WHO)が認定する1級発ガン性物質のベンゾピレンが含まれていたと報じた。韓国民主統合党の議員は24日、韓国食品医薬品安全庁の発表した報告書「かつおだし粉末ベンゾピレン検査」を引用し、「韓国有名即席めんメーカーの農心が生産する「生生うどん」と「ノグリ(たぬき)」の調味料から、1級発ガン性物質のベンゾピレンが検出された」と述べた。

 台湾メディアは、農心グループは6月に問題の調味料(粉末)の成分を調整し、かつ台湾に関連の安全基準がないため、衛生署は商品の全面的な撤去を指示していないと報じた。しかしメーカー側は消費者の安全を保障するため、自ら撤去を実施したという。報道によると、台湾は上述した6種類の即席めんのうち2種類を、今年1−10月にかけて59トン輸入した。このうち「農心爽口海鮮味うどん」が約3万1256食、「農心香辣海鮮味うどん」が約1万8696食含まれた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古