2012年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Oct 26 2012

米国、2020年までに石油産出量が世界一に

 海外メディアによると、米国の近年の石油産出量が急増しているため、米国がサウジアラビアに代わり世界最大の石油産出国となる見通しだ。中国新聞網が伝えた。

 石油価格の高騰、新掘削技術の応用による影響を受け、米国の原油および液体炭化水素化合物の産出量は今年、7%増の日量1009万バレルに達する。米国の原油産出量はこれで4年連続の増加となり、1年あたりの増加幅は最高となった。

 米国エネルギー省の予測では、米国の原油および液体炭化水素化合物の産出量(バイオ燃料を含む)は来年、日量1140万バレルに達する見通しだ。これは米国にとって過去最大量であり、サウジアラビアの1160万バレルに迫った。シティバンクは、米国の原油産出量が2020年までに1日平均1300−1500万バレルに達し、北米が「新たな中東」になると予想した。

 米国は2002年にも、世界最大の石油産出国となったことがある。その後は、サウジアラビアとロシアが各国の石油産出量ランキングの1・2位を占めている。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年10月26日


日本経済は今後も没落を続けるのか?

釣魚島問題、苦境に立たされた日本企業

中国での日本車販売不振、中国市場の軽視も理由

日本製部品使用企業の7割「新サプライヤー探す」

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

中日金融提携、氷河期に突入

欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古