2012年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 Oct 29 2012

米国が原油輸出を増加、世界エネルギー構造を変えるか

 このほど海外メディアから、興味深い情報が伝わった。世界最大の石油輸入国である米国が、原油輸出を増加させるというのだ。人民日報が伝えた。

 同メディアの報道によると、シェールオイルの採掘に使用される技術(高圧の水注入によるシェール層の破壊)等の進歩により、米国国内の原油生産量が近年増加している。今年10月初旬現在、米国国内の1日当たりの原油生産量は660万バレルに達し、1995年ぶりの高水準となった。生産量の急増により、英国の石油会社やBPとロイヤル・ダッチ・シェル等の世界石油大手は、米国政府に輸出申請を提出し、米国産の石油の輸出を求めている。同メディアは、「世界最大の石油輸入国である米国は、エネルギー自給、さらにはエネルギー輸出の方向に向かい邁進している。このすう勢は将来的に、世界エネルギー構造に影響を及ぼすだろう」と判断した。

 米国は長年に渡り、海外石油資源に過度に依存してきた。そのため、中東、南米、北アフリカ等の石油産出国では、米国の姿が見え隠れしていた。これらの地区の動乱の裏には、石油を巡る利益があるのではと懸念されてきた。石油を命脈とする米国がエネルギー自給を実現し、本当に石油輸出国となり、世界エネルギー構造に影響を及ぼすことなどあり得るのだろうか。もし米国の石油輸出の増加だけを判断材料とするならば、あまりにも単純な判断と言わざるをえない。

 まず、米国が石油輸出を少し増加したところで、世界最大の石油輸入国としての地位に変化が生じることはない。過去10年間に渡り、米国は一部の原油(1日当たり10万バレル未満)をカナダに輸出してきたが、原油輸入量は1日当たり900万バレルに達している。たとえBPやロイヤル・ダッチ・シェル等による輸出申請が許可を得て、輸出量が増加したとしても、膨大な輸入量と比較すれば無に等しい。いわゆる自給自足との間には大きな開きがあり、石油の純輸出は遠い先の話だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古