2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Nov 05 2012

中韓、社会保険協定に調印

 中国人力資源・社会保障部は29日、「中華人民共和国政府と大韓民国政府における社会保険協定」を結ぶ調印式を同日、北京で行ったと発表した。「新華社」が伝えた。

 中韓社会保険協定は、「中華人民共和国社会保険法」が2011年7月1日に実施して以来、中国政府が初めて外国政府との間に社会保険協定を調印したものとなる。これにより、両国にかかわる人々が相手国での労働期間に生じる保険加入問題を適切に解決し、関連する企業や労働者の負担を軽減させる。

 中韓社会保険協定の交渉は今年2月に開始してから現在まで8カ月にわたる。現在、中国政府は経済貿易が密接な十数カ国と社会保険協定の交渉を開始している。(編集MZ)

 「人民網日本語版」2012年10月30日


日本経済は今後も没落を続けるのか?

釣魚島問題、苦境に立たされた日本企業

中国での日本車販売不振、中国市場の軽視も理由

日本製部品使用企業の7割「新サプライヤー探す」

日本がレアアース研究加速、中国依存の脱却目指す

日本当局は経済の衰退で目を覚ますか?

トヨタが中国市場を放棄? 釣魚島問題で売上半減

中日金融提携、氷河期に突入
"155" border="1" />
欧州債務危機が長期化、次の財政破綻は日本か

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古