2012年10月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 Oct 31 2012

米「337調査」は新種の貿易保護 中国企業に圧力

 中国から米国に輸出される商品が、近頃たびたび米国側に圧力をかけられている。「337調査」(米国国際貿易委員会(ITC)が1930年に可決した「関税法」第337条に基づき、外国産製品に知的財産権の侵害行為がないかどうかを調べる調査)の発動はその最たるもので、知的財産権の侵害を口実にして、中国製品を死地に追いやろうとする愚かなたくらみだ。調査の結果が「軽度」であれば対象製品が米国への輸入を永遠に禁止されることになり、「重度」であれば関連産業の同種の製品が米国への輸入を認められなくなる。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽中国企業の敗訴率は60%以上

 337調査の337とは米国「関税法」第337条のことだ。この条項の内容の中心は、輸入に際して知財権の侵害行為がないか、不正競争行為がないかを調査することにある。法律の実践では、関連調査の90%で権利の侵害があったとされた。

 中国社会科学院法学研究所の李順徳研究員は取材に応える中で次のように述べた。この条項の一番ひどい点は、ある製品が権利を侵害していると判断された場合、当該製品だけでなく、対象製品を生産した国の産業全体の同種製品が米国に輸出できなくなるところにある。ある国の製品が米国に輸入され、知財権を侵害していると判断されれば、米国から閉め出されるようになるということだ。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古