2012年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Nov 01 2012

日本企業 中国事業の縮小・撤退を検討は8% (2)

 また、「中国市場の撤退による損失を埋め合わせる手段がない」(某製造企業)等の消極的な理由により、中国での事業継続を表明する企業もあった。 中国事業の縮小や中国からの撤退を検討している日本企業は、「リスク分散」、「販売・取引の減少」等を理由としている。

 中日関係の悪化による売上等に対する影響について、日本企業の57.1%は、直接的・間接的な影響を受けたと回答した。37.1%は、本年度中に影響が表面化することを懸念しているとした。

 すでに影響を被っていると回答した日本企業のうち、多くが「日本製品不買の風潮により、販売が減少した」と回答した。また一部の企業は、「通関の遅れ」、「投資関係の悪化」等の影響を挙げた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年11月1日


[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古