2012年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:02 Nov 01 2012

iPhone ユーザーの忠誠度が初めて低下

 iPhone5は発売より、デザインやアプリに対する批判にさらされている。これらのマイナス情報が、アップルの足を引っ張る形となった。米市場分析会社Strategy Analyticsが10月31日発表した調査データによると、2007年の発売以来、西欧・米国市場のユーザーのiPhoneに対する忠誠度が初めて低下した。北京商報が伝えた。

 データによると、西欧のiPhoneユーザーのうち、アップルの次世代スマートフォンを購入したいと表明したのは75%となった(2011年の88%から13ポイント低下)。米国の場合、これが2011年の93%から88%に低下した。

 Strategy Analyticsのアナリストは、「新商品の革新不足によるマイナス報道を受け、忠誠心の高いユーザーが次世代iPhoneを購入すべきか迷い始めている。その一方で次世代iPhoneを購入するとは限らないとするユーザーは増加しており、アップルが警戒を強めている」と指摘した。

 iPhone5は新通信規格の「LTE」が注目されただけで、その他の革新がまったくなく、まるで自動車のロングホイールベース化を真似したかのようだ。「弱り目に祟り目」というが、サムスンは昨日再びアップルを提訴し、iPhone5が8種の特許を侵害していると主張した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年11月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古